■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2018年11月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■CKSOUND■
■OTHER■

2013.5.22 「Beatles No.5」特集他
2013.5.22浅草「待合室ソロライブ」



今月の特集は5月にちなんで『ビートルズ No.5!』
日本において1965年5月5日にリリースされたビートルズの5枚目のアルバムです。

1曲目から“Long Tall Sally”のシャウト!
そしてこのアルバムにはドイツ語バージョンの“Sie Liebt Dich”と
“Komm,Gib Mir Deine Hand”が2曲あり、
かつて「213曲全制覇」した時以来25年ぶりくらいに歌ったそうです。


そして“Matchbox”で、「今はマッチ箱見なくなった」という話をしてたら、
待合室のママが「あるわよ~」と。懐かしいですね~。
 

続いての'70前後('65~’75)の楽曲をピックアップしている
「Around'70」特集は初披露の2曲。
まずは“From Russia with Love” 
マット・モンローの鼻にかかったような声が好きだそうです。
そして、ローリングストーンズを歌うなんてかなりレア“As Tears Go By”でした。
間奏はOsamさんがハーモニカで。


2ステージ目は、恒例の「オリジナル」から2曲。

「淋しがりやのひとりごと」は、フォーク歌手になりたかった
中学の後輩のために曲を作ったそうです。
当時のフォークソングっぽい日本語の歌でチャックさんは
「恥ずかしいんで途中でやめます」と切り上げてしまいました^_^;


次の“I Will Give You Everything”は、「ジョージ&チャック」コンビの作品で、
これもめずらしく「アメリカちっく」な曲でした。

続いては「リクエストコーナー」
5月は常連Osamさんの誕生月であり、曲のタイトルのお歳になられたとのことで
“When I'm Sixty Four”を特別に前半をOsamさんがボーカルで
“Now I'm Sixty Four”と替えて歌いました。 
 

マニアックなリクエスト“Cry Baby Cry”や、“Mother Nature's Son”
ピアノのリクエスト“Hey Jude”、“Not A Second Time”などがあり、
アンコールは5月生まれのOsamさんと待合室のママをお祝いして
“Birthday”で終了。
 

次回の出演は、6月26日(水)です。
6月はポールの誕生月。
ベースソロなんてのもありそうです。お楽しみに~♪

By Landbeat


1
Long Tall Sally
Sie Liebt Dich
Anna (Go To Him)
Matchbox
You've Really Got A Hold On Me
She's A Woman
Ask Me Why
I Feel Fine
Komm,Gib Mir Deine Hand
Chains
Slow Down
All I've Got To Do
I Call Your Name
This Boy

From Russia with Love
As Tears Go By

2
淋しがりやのひとりごと(オリジナル)
I Will Give You Everything(オリジナル)

When I'm Sixty Four
There's A Place
Can't Buy Me Love
Cry Baby Cry
Hey Jude
Not A Second Time
Yesterday
Mother Nature's Son
Here Comes The Sun

アンコール
Birthday


| http://www.cksound.net/new-blog/index.php?e=415 |
| 浅草待合室 | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |










PAGE TOP ↑